バイアグラを凌駕したNo.1のシアリス

シアリスはバイアグラに比べて副作用はかなり少ないとされていますが、念のため確認しておきましょう。

シアリスの副作用

シアリスの副作用

シアリスはED治療薬の中でも副作用は少ないとされています。およそ20%程度の発現しかないと言われており、現れてもごく軽度なもので、薬の効き目が切れれば治まるものが殆どです。よくあるとされている副作用は、顔のほてり、頭痛、筋肉痛、鼻づまり、動悸、目の充血、めまい、吐き気、下痢などです。これはシアリスが血管に作用する薬であるために起こる症状です。市販の頭痛薬や鼻炎薬などと併用しても問題はありません。もしも長引いてしまったり、あまりにもひどい場合は医師に相談しましょう。

色覚異常

また、ごく稀に色覚異常が現れる場合があります。中でも「青視症」というものがあり、全体的に青みがかって見えたり、青いものが鮮やかに見えたり、青と緑などの色の区別がしにくくなります。バイアグラに比べると70分の1とされていますが、もしもこのような症状が出た場合は、念のために車の運転や危険物の取り扱い、危険な場所での作業などは控えるようにしましょう。最初は驚く症状ですが、薬の効果が切れればおさまり、後遺症などもないとされています。

対策

対策

副作用の対策としては、ピルカッターなどで半分に割って服用する方法もあります。副作用も軽減されますが、効果の持続時間や効果も軽減されます。半分にするので、コスト面ではお得になるというメリットもあります。それ以外に、バイアグラなど他の治療薬やシアリスのジェネリックに変更するという方法もあります。シアリスよりもバイアグラの方が副作用が弱かった、シアリスよりもジェネリックのタダシップの方が副作用が弱かったという方や、またその逆の事もよくあります。効果や副作用の現れ方は個人差がありますので、どうしても合わないようでしたら他の薬を試してみるのもいいでしょう。

シアリスは正しい服用方法を守れば重篤な危険はない安全な薬です。特にシアリスは副作用が少なくマイルドなので、「ED治療薬を試してみたいけど副作用などが心配」という方は、まずはシアリスをお勧めします。

バイアグラ
Return Top